安いことが魅力的な単身の引越し

就職や進学などで親元を離れて一人暮らしをする人もいることでしょう。初めての引越しだとわからないことばかりですが、経験者にアドバイスを受けるとスムーズに準備ができます。気になるのは費用ですが、一人暮らしをする場合は一般のプランを利用するよりも単身用のプランを利用するとかなり費用も安くなります。業者によって費用が違うのでランキングサイトで費用を比較して選ぶといいでしょう。ある程度費用の相場も知っておくことも大事です。極端に費用が安い場合は後で高額な追加料金がかかる可能性もあるので気をつけてください。見積もりをだしてもらうことも大事ですが、1社だけに絞ら複数社から見積もりを取るといいでしょう。その時に追加の費用がかかるかもしっかり聞いておくことが大事です。

少しでも安く引越す方法と注意点について

単身パックの場合は、ほとんどの業者では荷物が規定のコンテナに収まることを条件に費用を安くできるので、多くの荷物がある人にはむいていません。タンスやベッドなどの大きな荷物がある場合は通常のプランを利用した方がかえって安くつくこともあります。少しでも安い費用で引越しをしたいなら、荷物をできるだけ減らすといいでしょう。たとえば春ならば暖房器具や冬物の衣類や布団などは実家に置いておくと、かなり費用も安くなります。古い家電や家具などはその場で不用品回収をしてもらい、転居先で新しく購入した方がトータルの費用が安くなることもあります。不用品回収は民間の業者に頼む方法もありますが、時間に余裕があるなら行政に回収を依頼した方が費用は安いです。自分で運べるならリサイクルショップに持ち込むといいでしょう。

単身引越しを安くする裏技を紹介します

単身引越しを少しでも安い費用でおこなう方法として、できるだけ業者が忙しくなるシーズンを避けることです。業者が忙しいシーズンだとどうしても費用も割高になります。三月や四月などはどうしても業者が忙しくなるので、急いでいない時はそれ以外の時期を探すといいでしょう。土日や祝日は業者も忙しいので費用も割高になることが多いです。余裕があるならば平日に依頼すると費用も安くなります。時間も早朝や夜間は割増料金を取られることが多いです、できるだけ昼間に依頼するといいですが、急いでいないなら時間指定をしない方が費用は安くなります。分割発注をすると費用もかなり安くなります。エアコンや洗濯機の取り付けや取り外しは専門の電気業者に依頼した方が費用も安くつくことが多いです。