単身の引越しを安い値段で行うコツ

単身引越しでは、3万円~4万円くらいが相場になると考えている人が多いでしょう。しかし、これは知名度の高い大手の業者に依頼をした場合の相場になります。荷物が少ない場合には、もっと安い料金で依頼ができることも多いです。市内での引越しのように、距離が近い場合には、地域密着型の中小規模の業者のほうがおすすめできます。大手のほうがサービスは良い傾向がありますが、料金の安さを重視するならば、中小規模の業者のほうがメリットはあるでしょう。ケースバイケースとなるので、なるべくたくさんの業者から見積もりをとってみましょう。繁忙期であるか否か、休日か平日か、月末かどうかなどのポイントによっても料金は変わってきますので、正確な金額は見積もりをとってみないとわかりません。

見積もりをとる時のポイントとは

実は、見積もりをとる時に、少し気をつけるだけでも、安い料金にできることがあります。営業マンは、会社が損をしないように気をつけているため、運搬するのかどうかわからない荷物があったら、金額を上乗せしてしまう傾向があります。そのため、部屋を綺麗に片付けておいて、できるだけ荷物の量を少なく見せることもポイントになります。口頭で「これは当日までに処分してしまいます」と言ったとしても、処分できなかった可能性や、気が変わってしまう可能性も考えて、上乗せされてしまう可能性もあるのです。また、部屋を綺麗に片付けていると、人柄についてもイメージが良くなります。「この人はきちんとした人だ」というイメージを持たせておいたほうが、値引き交渉などをする時にも有利になるでしょう。

一括見積もりサービスを利用したほうが良い?

一括見積もりサービスを利用するかどうかは、自由に決めて良い問題ですが、基本的にはメリットが大きく、デメリットはほとんどないので、利用することがおすすめです。もちろん、一括見積もりサービスに登録していない業者でも優良なところはあるので、完璧ではありません。単身での引越しなら、荷物の量は少ないでしょうから、申し込みフォームへ入力する時間も少なくてすむでしょう。まずは手軽に一括見積もりサービスを利用して、相場を把握してみてから、他の気になる業者でも見積もりをとってもらうという方法もあります。単身引越しでは、大手の業者よりも、地域密着型の業者のほうが安い傾向がありますので、あまり知名度の高くない業者のホームページなどもチェックして、選択肢に入れてみることがおすすめです。