安いおすすめの単身の引越しサービス

単身者で引越しをするのは、転勤であるとか大学進学であるとかの事情によることが多いでしょう。転居先への敷金礼金などを含めた住居費用がまとまった額に上るため、転居費用はできるだけ安い値段に収めたいと頭を悩めている人は多くいます。実際には自力でレンタカーを調達して自力転居を試みる、あるいは専門業者に依頼して有償サービスを利用するのかの2択に迫られることになります。独り身の転居とは言っても生活スタイルや就業している業種によっては荷物が多くなる可能性もあります。自力での転居と業者を利用しての転居、いずれにも長所と短所があります。廉価で安心して転居先に居住環境を構えるまでに不可欠な引越作業の特徴を比較し、注意点についての認識を得ておきましょう。

レンタカーで転居は難しい、業者を利用して効率的に引越を

単身の引越しでは運転免許を持っており、現場までの土地勘も十分つく見込みがあるのであればレンタカーを使用するのが費用的には一番安いかもしれません。引越シーズンでは専門業者に依頼すると30%くらい加算された特別料金を請求されるのが普通です。これに対しレンタカーなら自分のスケジュールに合わせて日程を柔軟に組むことが出来ます。反面レンタカーを利用しての自力転居には梱包資材を調達必要があり、荷物搬入の際に家屋の床や壁を破損する恐れがある。このように考えると安全に安心して転居する上では専門業者に依頼するのが賢明です。ただし依頼が集まりやすい時期があるので時間的に余裕を取れるのであれば、繁忙期を回避して予定を組むべきでしょう。3.4月は当然転居が集中するので避けるべきですが、どうしても繁忙期に転居せざるを得ないのであれば早い時期から予約を入れておき、週末休日は回避するなどして転居費用を安くする工夫をしましょう。

パッケージ型と見積提示型の引越サービスを比較

単身専門の引越しサービスには、類型的な独身写像をモデルにしてあらかじめパッケージ価格が設定されているパッケージ型の転居サービスと、普通の引越同様事前に見積もりを個別に算出して提示するサービスがあります。パッケージ型のサービスは実際の荷物の量に関わらず、一定の料金が請求され、たとえ荷物が少なく終ったとしても差額が清算されて費用が返却されることもありません。このサービスを賢く利用できるのは荷物内容や重量、体積などを事前に正確に把握できる人に向いています。一方、事前に見積を出してもらう単身サービスでは、サービスの内容や料金は公開されていませんが訪問して見積を出してもらってから契約することができるので、実は一番安い費用に収めることが出来ます。安くしたいのなら面倒くさがらずに見積を出してくれるサービスを利用するのがおすすめです。

無料の引越しお見積もりは、HPで24時間・年中無休で受け付けています。 引越しのお見積もり料金の安さには自信をもっております。 時間のかかる難しい作業は不要!イラストをチェックするだけで簡単お見積りができます。 女性にとって安心・満足していただけるサービスで、口コミ紹介と高いリピーター率の実績があります。 関東からの遠距離引越しにも格安プランで対応しております。 単身の引越しがとっても安い!